« オタモイ海岸にて | トップページ | 4輪ディスクブレーキ信仰 »

♪掛川市歌 【2006】

新幹線を止めたうえに、こんな歌まで製作してしまった掛川市。
まぁ新幹線~は周辺自治体の連携プレーなわけだが、この歌に関して
は大暴走というか、褒賞金モノのGJ!である。

市民の皆さん、市議会の皆さん、そしてここの首長さんは、この事態の
重大性に気がついておられるのだろうか。

掛川高校サッカー部監督にオシムが就任した、くらいの衝撃ですから。
いや、私が思うに。

************************

作編曲:大野雄二 / 作詞:菅沼孝行 / 補作詞:土屋智宏

歌うのは・・・サーカスの皆さんです♪

そしておそらくは、市原康(ds)&渡辺直樹(b)のプレイでしょう。

************************

1983年に始まる♪関東甲信越小さな旅のテーマ の一連の流れを
汲む、大野雄二亭 ・ 和食部門の新メニューであります。

ひとことで言えば、小さな旅の匂いプンプンの一品。 おそらくソレ風の
味付けを求められたのではないかと拝察いたします。

対外アピール(掛川へいらっしゃい・・・) で旅情をかきたてる風情もアリ
だとは思うが、市民に歌わせるのが目的ならもうちょっと違ったオファー
をすればいいのに、と思う。例えば♪EVER GREEN LOVE 風に、これを
ややオトナ向けにお願いします、とか。 私ならそういう風にお願いする。
御大ならそれで作っちゃいますよ。
(♪EVER GREEN LOVEだって十分大人向けMUSICですけど)

**********************

市側にすれば、幅広い年齢層をカバーするつもりなのだろう。
しかしながら、歌の定着を真剣に考えているならば、学校で歌わせる
とか、防災無線で時報代わりに流すとか、掛川駅の発車メロディまで
変えるとか、全市を挙げて具体的に取り組まないとあきまへんなぁ。
駅前広場にモニュメントを作りました!的に考えているとしたら、非常
にもったいない話である。いい曲なんだから。

私の住むさいたま市の歌はタケカワユキヒデ氏が作ったのだが・・・・
・・・・まあなかなか・・・・定着しません。
でもこの大野~タケカワ繋がりは、ある意味兄弟ソングといえるかも
しれない。

しかし、日本の市歌業界も大変ですねぇ。(ンなもんあるのか?)

**********************

ほれ、みんな、歌いなよ、学校で!集会所で!職場で!駅構内で!
今頃、掛川市内はこの歌で満たされているはず。

いつも鉄道で通過するばかりの町だから、ちょっと途中下車してみよ
うかなと、早速術中に嵌まる私もなんだかアレですけど。 

P.S  ステキな市章デザインです、掛川市。

.

.

|

« オタモイ海岸にて | トップページ | 4輪ディスクブレーキ信仰 »

コメント

始めまして掛川市民です
掛川市議の方がこのブログを知ってか知らずか…
先月、2012年9月14日から同報無線によるお昼の時報音楽が、「掛川市歌」に変わりました
先日掛川市内の小中学生の合唱コンクールでも、掛川市歌をみんなで歌ったようで、2006年のブログ記事から足掛け6年でやっと掛川市内はこの歌で満たされてきております(笑)

投稿: mutokin | 2012.10.26 12:45

はじめまして。コメントありがとうございます。

合唱コンクール&同報無線キターーーッ(笑

ホントですか!?いやあ、羨ましいです、掛川市のみなさん!!
いいなあ。。。
掛川市役所様、本気モードだったのですね。
ワタクシ、なんだか不遜な書き方をしてしまい反省しております。

これはね、もう財産ですよね、よその街にはない、掛川だけの歌。
これが歌い継がれていくなら、とても誇らしく素晴らしいことです。
さいたま市民の私もこれ、歌えるようにしておきましょう。

あと・・・サーカスのみなさんに歌唱指導してもらいましょうか(笑

投稿: FLAT4 | 2012.10.29 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♪掛川市歌 【2006】:

« オタモイ海岸にて | トップページ | 4輪ディスクブレーキ信仰 »